絶対に観ないと損する2020秋アニメ6選

 当社はゲーム関係の案件を長年手がけてきた制作会社ではありますが、ゲームのみならずエンタメ関係全般の仕事も請け負っています。最近は特にアニメ関係の仕事をいただくことも多くなり、WEBや動画、ノベルティなど、ひょっとすると皆さんがついさっき目にしたものが、実は当社の制作物だったということもあるかもしれません。
 そうしたアニメ案件が増えてきたという経緯もあり、今回の記事ではいつもと趣向を変えて、3つのテーマに沿ったオススメの2020秋アニメを紹介したいと思います!

おもしろさは保証済み! 人気シリーズの最新作

 多くのアニメファンが待ち望んでいるのは、やはり人気シリーズの続編ではないでしょうか。2020年9月現在では『SAO』や『食戟のソーマ』などが話題になっていますが、2020秋アニメもそんなシリーズ作品が数多く放送されます。なかでも注目の2タイトルがこちら。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ』

http://danmachi.com/danmachi3/
<スタッフ>
原作:大森藤ノ(GA文庫/SBクリエイティブ刊)/キャラクター原案:ヤスダスズヒト/監督:橘 秀樹/シリーズ構成:白根秀樹/キャラクターデザイン:木本茂樹/音響監督:明田川 仁/音楽:井内啓二/オープニングテーマ:井口裕香「over and over」/エンディングテーマアーティスト:sajou no hana/プロデュース:EGG FIRM/SBクリエイティブ/アニメーション制作:J.C.STAFF
<キャスト>
ベル・クラネル:松岡禎丞/ヘスティア:水瀬いのり/リリルカ・アーデ:内田真礼/ヴェルフ・クロッゾ:細谷佳正/ヤマト・命:赤﨑千夏/サンジョウノ・春姫:千菅春香/リュー・リオン:早見沙織/アイズ・ヴァレンシュタイン:大西沙織/ウィーネ:日高里菜

 映画化や外伝作品のアニメ化もされた人気シリーズの第3期となる本作。人語を話す竜の少女をめぐり、かつてない異常事態がオラリオの地に巻き起こるという、原作小説9巻からの物語が描かれます。きれいごとだけでは立ちゆかない思惑渦巻く世界において、自らの理想を胸に突き進む主人公のベル・クラネルが紡ぎ出す、飛びっきりの英雄譚から引き続き目が離せません。

『魔法科高校の劣等生 来訪者編』

https://mahouka.jp/
<スタッフ>
原作:佐島 勤(電撃文庫刊)/監督:吉田りさこ/原作イラスト・キャラクターデザイン:石田可奈/音楽:岩崎 琢/アニメーション制作:エイトビット/製作:魔法科高校2製作委員会
<キャスト>
司波達也:中村悠一/司波深雪:早見沙織/アンジェリーナ=クドウ=シールズ:日笠陽子/千葉エリカ:内山夕実/西城レオンハルト:寺島拓篤/柴田美月:佐藤聡美/吉田幹比古:田丸篤志/光井ほのか:雨宮 天/北山 雫:巽 悠衣子/七草真由美:花澤香菜/渡辺摩利:井上麻里奈/十文字克人:諏訪部順一

 2014年の第1期放送から6年が経ち、劇場版を挟みつつようやく放送が決まった『魔法科高校の劣等生』シリーズ待望の第2期となります。第1期では主人公の司波達也が敵を圧倒し、完膚なきまでに叩き潰す抜群の爽快感が話題を呼びましたが、第2期ではその力が原因でUSNA(北アメリカ大陸合衆国)にマークされたことから物語は動き出します。果たして今回はどのような活躍が見られるのか、胸躍る展開に期待大です。

 

ネタバレ一切無し! 初見だからこそ楽しめるオリジナル作品

 アニメの原作不足が嘆かれ始めて久しいですが、裏を返せばオリジナルアニメにとってはチャンスということ。ここ10年でも『まどマギ』『あの花』『ガルパン』などを筆頭に、たくさんのヒット作が誕生しています。そんな注目度の高いオリジナルアニメから2作品をご紹介。

『神様になった日』

https://kamisama-day.jp/
<スタッフ>
原作・脚本:麻枝 准(VISUAL ARTS/Key)/監督:浅井義之/キャラクター原案:Na-Ga(VISUAL ARTS/Key)/キャラクターデザイン・総作画監督:仁井 学/美術監督:鈴木くるみ/撮影監督:梶原幸代/色彩設計:中野尚美/3D監督:鈴木晴輝/編集:髙橋 歩/音響監督:飯田里樹/音楽:MANYO・麻枝 准/アニメーション制作:P.A.WORKS
<キャスト>
ひな:佐倉綾音/成神陽太:花江夏樹/伊座並杏子:石川由依/国宝阿修羅:木村良平/成神 空:桑原由気

 『Angel Beats!』『Charlotte』に次ぐ、麻枝 准×P.A.WORKSのタッグによる待望の3作目がついに登場。高校最後の夏休みを過ごす成神陽太の前に、「30日後にこの世界は終わる」と告げる少女のひなが現れるという、ボーイ・ミーツ・ガールものとなります。いくつもの泣けるシナリオを生み出してきた麻枝 准氏の原点回帰と銘打たれており、胸に染み入る唯一無二の心理描写に期待が膨らみます。

『戦翼のシグルドリーヴァ』

https://sigururi.com/
<スタッフ>
原作:戦翼倶楽部/シリーズ構成・脚本:長月達平/キャラクター原案:藤真拓哉/世界観設定・設定考証:鈴木貴昭/監督:徳田大貴/キャラクターデザイン:横田拓己/サブキャラクターデザイン:水谷雄一郎/総作画監督:横田拓己、中川洋未、矢向宏志/プロップ・メカニックデザイン:江間一隆/美術監督:渡辺幸浩、若林里紗/美術設定:松本浩樹/色彩設計:佐野ひとみ/CG監督:萩田直樹/撮影監督:関谷能弘/編集:重村建吾/音響監督:岩浪美和/音楽:小森茂生、百石 元/制作:A-1 Pictures
<キャスト>
クラウディア・ブラフォード:山村 響/六車・宮古:稗田寧々/駒込・アズズ:M・A・O/渡来・園香:菊池紗矢香/里見・一郎:平田広明/本庄・美智:堀江由衣/和浦・野乃:日高里菜/御厨・小町:上坂すみれ/ロン毛:中村悠一/金髪:杉田智和/グラサン:マフィア梶田/整備班長:千葉 繁/ルサルカ・エヴァレスカ:茅野愛衣/リズベット・クラウン:小松未可子/レイリー・ハルティア:上田 瞳

 こちらは『リゼロ』の長月達平、『なのは』の藤真拓哉、『ガルパン』の鈴木貴昭というそうそうたる布陣が揃った空戦ファンタジーです。突如地球上に現れた謎の脅威「ピラー」に対抗すべく、神から授けられた“戦翼”をまとい、大空を翔る戦乙女たちの命懸けの戦いが描かれます。なお、アニメの前日譚となる物語が角川スニーカー文庫より発売されているので、一足先に彼女たちの世界に触れておくのもいいかもしれません。

 

毎日遊んで沼にハマるかも!? スマホゲーム原作アニメ

 ゲームにはちょっとうるさい当社ですので、スマホゲーム原作のアニメも2作品ピックアップしたいと思います。ゲーム原作のいいところは、アニメ放送が終わってもその世界観に浸れるところ。供給が続くことで、沼にハマりやすいコンテンツとも言えそうです。

『禍つヴァールハイト -ZUERST-』

https://magatsu-wahrheit-zuerst.com/
<スタッフ>
原作:KLabGames/監督:細田直人/シリーズ構成:細田直人/脚本:細田直人、百瀬祐一郎/キャラクターデザイン:杉薗朗子/美術監督:栫ヒロツグ/音楽:横山 克/オープニングテーマ担当:黒崎真音/エンディングテーマ担当:H-el-ical///アニメーション制作:横浜アニメーションラボ
<キャスト>
イヌマエル:阿部 敦/レオカディオ:小野友樹/シャアケ:花守ゆみり/エルフリーデ:藤井ゆきよ/アルノルト:松田健一郎/ベンジャミン:柳田淳一/クラウス:鈴木崚汰/ザイツ:佐藤拓也/ヘルマン:津田健次郎/コンラッド:興津和幸/フリッツ:新垣樽助

 本作はKLabより配信されているMMORPG『禍つヴァールハイト』のアニメ化作品です。かつて多くの生物を消滅させ、魔物を世に放った厄災「光」の再来が予言されたヴァールハイト帝国を舞台に、2人の青年を中心とした激動の運命を辿る物語となります。監督は『未来日記』や『十二大戦』などを手がけ、登場人物の内面描写に定評のある細田直人氏。ゲームの雰囲気がどのように掘り下げられ、再構築されるのか要注目です。

『アイドリッシュセブン Second BEAT!』

https://idolish7.com/aninana/
<スタッフ>
原作:バンダイナムコオンライン/都志見文太/監督:別所誠人/シリーズ構成:関根アユミ/スーパーバイザー:あおきえい/キャラクター原案:種村有菜/アニメーションキャラクターデザイン:深川可純/総作画監督:猪股雅美/美術監督:葛琳/色彩設計:篠原真理子/2Dデザイン:高橋清太(FUETE)/撮影監督:津田涼介/CGディレクター:ヨシダ.ミキ/3Dワークス:井口光隆/編集:右山章太/音楽:加藤達也/音楽制作:ランティス/音響監督:濱野高年/アニメーション制作:TROYCA/製作:アイナナ製作委員会
<キャスト>
【IDOLiSH7】和泉一織:増田俊樹/二階堂大和:白井悠介/和泉三月:代永 翼/四葉 環:KENN/逢坂壮五:阿部 敦/六弥ナギ:江口拓也/七瀬 陸:小野賢章
【TRIGGER】八乙女 楽:羽多野 渉/九条 天:斉藤壮馬/十 龍之介:佐藤拓也
【Re:vale】百:保志総一朗/千:立花慎之介
【小鳥遊事務所関係者】小鳥遊音晴:千葉進歩/大神万理:興津和幸/小鳥遊 紡:佐藤聡美
【八乙女事務所関係者】八乙女宗助:小西克幸/姉鷺カオル:川原慶久
【岡崎事務所関係者】岡崎凛人:古川 慎

 バンダイナムコオンライン提供の人気リズムゲーム『アイドリッシュセブン』のアニメ第2期となる本作。新型コロナウイルス感染症の影響による一時中断を経て、第3話から再び放送開始となります。レギュラー番組が決まるなど周囲の期待が大きくなるにつれ、責任の重さがのしかかるIDOLiSH7とマネージャーの紡。誰かを笑顔に、幸せにするため、自らと向き合っていく彼らの姿を熱く見守りましょう。

 

観るアニメはどうやって決める?

 さて、オススメの2020秋アニメ6作品を紹介してきましたが、ちなみに皆さんは視聴するアニメをどのように決めていますか? 放送リストから気になるものを見つけたり、こういった記事でオススメされている作品をチェックしたり、なかには全部観るという強者もいそうです。
 また、影響力という観点では、テレビCMの持つパワーも大きいのではないでしょうか。ほかの番組の放送中にふと目にする、魅力がぎゅっと凝縮された15秒や30秒のテレビCMをきっかけに、その存在を知ったりおもしろさが伝わってきたりすることもよくあると思います。
 冒頭の話に戻りますが、当社ではアニメの仕事が増えてきた背景もあり、この度「TOKYO MX」と「BS11」のテレビCM枠を手配できるようになりました。業界関係者の方は、雑談ベースでもかまいませんので、お気軽にご相談くださいませ(※宣伝失礼しました)。

当社では屋外広告をはじめとして、テレビ、ラジオ、ネットワーク広告など、さまざまな媒体出稿もお取り扱いが可能です。ご興味を持っていただけましたら、下記のフォームからご連絡いただくか、担当営業までお気軽にご相談いただければ幸いです。

・制作実績
https://www.qbist.co.jp/works/promo.html

・広告出稿やプロモーションに関するお問い合わせ
https://www.qbist.co.jp/contact/offer.html

●スマートフォンゲームのプロモーション支援事業について
当社ではゲームの初期プロモーションについてトータルサポートするサービスを開始いたしました。
開発フェーズからサービスイン直後まで、貴社タイトルのプロモーション施策を一括サポート。当社主導のもと、各施策に慣れたアライアンス先とともに1ストップでご提供いたします。
どうぞお気軽にお問い合わせください!

→詳しくはこちらで。「株式会社キュービスト、株式会社SALTとの業務提携によりスマートフォンゲームのプロモーション支援事業を強化」

→プロモーション支援事業について問い合わせをする

関連記事